あいケアステーションのケアプランは 在宅介護に必要なさまさまなサービスを、
お一人おひとりに合わせて計画します。

ケアプランの作成は、あいケアステーションのケアマネジャーが行っています。住み慣れた地域でいつまでも暮らしていくためのサポートを基本に、介護サービスを組み合わせ、必要に応じて一般福祉サービスや地域の市民団体、ボランティア団体のサービスも取り入れて、利用者さんやご家族のニーズに合わせたプランを作成します。

ケアプラン作成の現場から

◎ 自宅でどうすればより良い生活ができるか、コーディネーターとしてつないでいきます。

あいケアステーションでは、ケアマネジャー(介護支援専門員)が介護保険制度で介護が必要と認定された方に対して、どのようなサービスを組み合わせれば良いかを考え、ケアプラン(居宅介護サービス計画)を作成します。ケアマネジャーは、サービスを提供する事業者との連携・調整を図る専門職。ご本人とご家族にとって最も良いサービスが受けられるように配慮しながら、時には民生委員さんやボランティアさんとも協力して進めていきます。

◎ ご自宅で、その人らしい生活ができていることがやりがいです。

「たとえ同じ病気を抱えた方でも、支えるご家族の状況によって、プランの立て方が違ってきます。ご本人やご家族の話をよく聞いて、気持ちを汲み取り、サービスや介護の手助けが、利用者さんに合っているのかを考慮しながら進めていきます。また、モニタリングも重要です。ご自宅でどういう生活をされていて、先月とはどう違うかを実際に知ることができるからです」。
スタッフが目指しているのは、ご自宅でその人らしい生活ができるようにケアプランを作成していくこと。そしてケアマネージャーに出会ってからのご利用者さんの人生を、少しでも豊かにしていくことです。
「デイサービスに行って楽しかったよ」「元気になったよ」という利用者さんの声をもっと聞たいと思っています。ご自宅での生活に不安のある方、ご家族の介護でお悩みの方には、お気軽にご相談いただけたらと思います。

◎ 「状況に合わせて、いろいろなケアプランを提案してくれます」とご家族。

ご自宅で介護をされているご家族は、「ケアマネージャーさんはとてもやさしくて、いろいろな相談に乗ってくれます。母が好きな手芸を楽しめるように、デイサービスへ通うことを提案していただきました。もとは手芸を楽しみに通っていた母ですが、ケアプランに入っている機能訓練で、下半身がだいぶしっかりしてきました。おかげで私の介護も楽になりました」と話されています。

ページの先頭へ